NEWS    最終更新日 2017年08月31日

項 目

内  容

備  考

同窓会

会員の皆様へ

  今年度の同窓会は、10月14日(土)12時〜15時まで聖坂養護学校内にて行います。

  会費は1名3,000円です。

  ※ 旧職員の参加は任意です。詳しくは担当職員へお問い合わせください。

問い合わせ

中村・馬場

2017年度
スタート

 新入生11名を迎え、全校児童生徒98名(4月10日現在)で2017年度がスタートしました。今年度も子どもたちの挨拶・笑顔・祈りを大切にしていきます。私たち職員は、子どもたちとたくさんふれあい、素敵な笑顔を受け取り、それを日々の糧にして子どもたちに寄り添います。優しい眼差し、優しい笑顔、優しい声掛けで応えていきたいと思います。皆様のご支援、宜しくお願いいたします。

 

2017年度

(平成29年度)

 

クリスマス
カード

 今年は高等部のクリスマスカードです。廃材を利用しにクリスマスツリーが完成しました。
 2016年聖坂のクリスマスは、一足早く12月17日(土)です。カードの販売もこの日からです。
 カードは毎年、学部を変えて制作されています。過去のカードも販売しています。ご利用下さい。

2016年度

公開授業

11月18日

 入学の参考とする保護者の為、また障がい児教育の研究及び研修者のために公開授業を行います。聖坂の教育は、発達段階を配慮し、生活年齢を踏まえ、障がい特性に応じた教育を目指して教育課程を作ってきました。
 現在は、こうしたきめ細かな実態把握と個別指導計画を持ちながらも集団指導を重視した教育を行っています。
 また、その教育方法は『子どもたちの心』に目を止め『心の育ち』を重視した教育です。聖坂の特別支援教育

研究紀要21号
30周年記念誌

 

文化祭バザー

 11月3日(文化の日)  文化祭では、聖坂太鼓、児童・生徒の作品展示などを行います。 バザーは、中学部・高等部生徒の作品販売、地域の方々から献品頂いた雑貨販売、つきたてお餅も好評です。又、関係施設のパンやクッキーなどの販売もあります。 本年度は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

2016年度

(平成28年度)

 

お世話になりました

 2015年度末をもって退職致しました。41年半のわたる聖坂での障碍児教育を通して、多くの事を学ばせて戴きました。育てて戴いた子ども達、保護者の皆さん、同僚の先生方に感謝いたします。
 また、地域の障碍者福祉に福祉に関わる皆様、私立特別支援学校の皆様、全国特別支援学校長会の皆様にも本当にお世話になりました。これからは、土を耕しながら子ども達、孫たちの将来を考えてゆきたいと思います。

 今後は、Facebook 等で発信してゆきます。[松井務]で検索してみて下さい

にじ36号
3/1発行

 本校のPTA広報は、保護者の協力により大変に充実した内容になっています。学校の紹介を兼ねて掲載致します。是非お楽しみ下さい。

PTA広報

聖坂アルバム
更新

1999〜2015

 ひな祭り学習発表会の様子をアップしました。小学部、中学部、高等部各クラスの出し物に保護者よりコメントを頂きました。暖かい声援を有難うございます。(メッセージは、写真をクリックすると見られます)
 子どもたちの活躍する姿や成長ぶりが写真で確認できます。お楽しみ下さい。
(本校は、輝く子どもたちの姿を少しでも多くの方に知って戴きたいとの願いから、保護者の協力を得てアルバムを作成しています。)

アルバム 2015

クリスマス
カード

 今年は小学部のクリスマスカードです。ノアの方舟をテーマに力作が集まり箱船が完成しました。
 2015年聖坂のクリスマスは、一足早く12月12日(土)です。カードの販売もこの日からです。
 カードは毎年、学部を変えて制作されています。過去のカードも販売しています。ご利用下さい。

インクルーシブ教育

 2013年度・2014年度 文部科学省のインクルーシブ教育システム構築モデル事業(交流及び共同学習)を受けて、横浜市立北方小学校との20年以上にわたる交流学習の成果を報告しました。
 障がいのある方の命を守り、人格を尊重し社会へと自立させてきました。北方小学校との交流学習も横浜市内では先駆けて交流に取り組みました。
 2014年度は、一歩進めて北方小学校の個別支援学級(特別支援学級)との共同学習にも取り組みました。ダイナミックな教育活動が互いの成長に繋がったと。
 子ども達が、出会いを通して理解と協力関係を築き上げてゆく様子を報告しています。
インクルーシブ教育システム構築モデル事業
パンフレット1
パンフレット2

公開授業

11月13日

 入学の参考とする保護者の為、また障がい児教育の研究及び研修者のために公開授業を行います。聖坂の教育は、発達段階を配慮し、生活年齢を踏まえ、障がい特性に応じた教育を目指して教育課程を作ってきました。
 現在は、こうしたきめ細かな実態把握と個別指導計画を持ちながらも集団指導を重視した教育を行っています。
 また、その教育方法は『子どもたちの心』に目を止め『心の育ち』を重視した教育です。聖坂の特別支援教育

研究紀要21号
30周年記念誌
聖坂の教育CD

文化祭
バザー

 11月3日(文化の日)  文化祭では、聖坂太鼓、児童・生徒の作品展示などを行います。 バザーは、中学部・高等部生徒の作品販売、地域の方々から献品頂いた雑貨販売、つきたてお餅も好評です。又、関係施設のパンやクッキーなどの販売もあります。

献品受付
10月23日まで

聖坂アルバム
1999〜2015

 アルバムを更新しました。子どもたちの活躍する姿や成長ぶりが写真で確認できます。お楽しみ下さい。
(本校は、輝く子どもたちの姿を少しでも多くの方に知って戴きたいとの願いから、保護者の協力を得てアルバムを作成しています。)
アルバム 2011 アルバム 2012
アルバム 2013 アルバム 2014
アルバム 2015

公開校内
研究
2015

 聖坂養護学校は、私立特別支援学校ですが、特別支援教育のリソースセンターとして情報提供の使命を持っています。数年前より、校内研究会も情報提供と研修の機会として公開しています。
 本校は、知的障碍児教育の専門性を追求して現在に至っています。 費用等は一切戴きません。気軽にお申し込み下さい。 7月13日(月)を締切と致します。(締切は資料準備の都合です。予約無しの参加も可能です) (28日pm、29日am・pmに日程の変更がありました。7月6日前に申し込まれた方は、要確認)

公開研修会
 7月22日(木) 午後
公開研究会
 7月27日(月) 全日
公開校内研修会
 7月28日(火) 〜 30日(木)

2015年度

(平成27年度)

 

インクルーシブ教育

 2013年度に作成した、インクルーシブ教育システム構築モデル事業(交流及び共同学習)のパンフレットです。子ども達は、互いに新しい出会いを通して成長しています。 インクルーシブ教育システム構築モデル事業・パンフレット

クリスマス
カード

 今年もクリスマスに向けて、カードを制作しました。中学部の生徒達の力作が夜空を彩っています。
 聖坂のクリスマスは、一足早く12月13日(土)です。カードの販売もこの日からです。
 カードは毎年、学部を変えて制作されています。過去のカードも販売しています。ご利用下さい。

研修講演会の案内

 本校は、2013年度より文科省のインクルーシブ教育システム構築モデル事業(交流及び共同学習)を受託しています。横浜市立北方小学校との20年以上にわたる交流学習の実績を報告するためです。
 今年も事業の一環として添付の通り明治学院大学 金子 健教授 をお招きし研修講演会を行います。
 ご案内させて戴きます。
  参加希望の方は、電子メールにて一報戴けると幸いです。(資料等の準備の都合があります)

研修講演会

メールアドレスhijiri@hijirizaka.jp

バスポイント
について

 スクールバスは、保護者の通学負担軽減の為に運行しています。したがって、年齢による制限はありません。(高等部生徒も利用できます) また、事業所等によるバスポイントまでの送迎も可能です。
 運行時間と主なバスポイントについて掲載しました。

運行経路・バスポイント
運行経路 (pdf)

2014年度

公開授業

11月14日

 入学の参考とする保護者の為、また障碍児教育の研究及び研修者のために公開授業を行います。聖坂の教育は、発達段階を配慮し、生活年齢を踏まえ、障碍特性に応じた教育を目指して教育課程を作ってきました。
 現在は、こうしたきめ細かな実態把握と個別指導計画を持ちながらも集団指導を重視した教育を行っています。
 また、その教育方法は『子どもたちの心』に目を止め『心の育ち』を重視した教育です。聖坂の特別支援教育

研究紀要20号
30周年記念誌
聖坂の教育CD

2014年度

(平成26年度)

 

紀要20号

 日本の教育は、直ぐに結果を求めます。しかし、教育の原点と言われる知的障碍教育を通して私達は教育の在り方を探求してきました。聖坂の教育実践を綴った研究紀要は、教師が子ども達から学んだことです。
 教育の在り方を考える資料となれば幸いです。        《子ども達は、教師の師である》 

研究紀要

紀要20号

2013年度

(平成25年度)

 

PTA広報

 本校のPTA広報は、保護者の協力により大変に充実した内容になっています。学校の紹介を兼ねて掲載致します。是非お楽しみ下さい。(後日バックナンバーも掲載の予定です)

PTA広報

2012年度

(平成24年度)

 

姉妹校
提携

 韓國安東永明学校と聖坂養護学校が2011年11月21日(月)聖坂養護学校にて姉妹校提携をしました。
 永明学校は、来年40周年を迎える韓國でも伝統ある立派な学校です。
 姉妹校として、交流を深め、互いの国の教育と平和の架け橋となりたいと思います。
 韓國安東永明学校 http://andongsc.school.gyo6.net/index/index.do
 永明学校のホームページには、聖坂養護学校との姉妹校提携に関する専用サイトがあります。
 http://andongsc.school.gyo6.net/data/board.do?bcfNo=1072981

2011年度

(平成23年度)

 

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2017/08/31 .