主催:神奈川県人権・同和教育推進協議会

研修報告V  map

  県研修T  県研修U  県研修V  県研修W

期間:2004年9月18日(土) 13時30分〜16時00分

場所:高松宮記念ハンセン病資料館、多磨全生園

報告者:千釜 理佳子

人推協県内研修会〜「多磨全生園〜ハンセン病資料館を訪ねて」

 

【ハンセン病とは】

 ハンセン病はノルウェーのハンセン医師が発見した「らい菌」という細菌による感染症である。かつては「らい菌」と呼ばれ、体の末梢神経が麻痺したり、皮膚がただれたような状態になるのが特徴で、病気が進行すると容姿や手足が変形することから、患者は差別の対象になりやすかった。
 ハンセン病の感染力や発病力は非常に弱く、日常生活で感染する可能性はほとんどない。感染しても隔離する必要はなかった。しかし、全国各地でハンセン病に感染することをおそれた政府は1907年「らい予防に関する件」という法律を制定し、一般社会からハンセン病患者を隔離した。1929年には「無らい県運動」が全国的に進められ、1931年には従来の法律を改正して「らい予防法」を成立させた。強制隔離によるハンセン病絶滅政策という考えのもと、全国各地に国立療養所を配置し、在宅の患者も療養所へ強制的に入所させられた。

 

【ハンセン病療養所】

 「らい予防法」により、各県が競ってハンセン病患者を見つけだし、強制的に療養所に入所させられた。療養所に収容されると、患者たちはお風呂に入れられた。お風呂に入っている間に今まで着ていた衣服は全て焼き捨てられ、代わりに与えられた物はまるで囚人が着るような服であった。持っていたお金は全て没収され、療養所内でしか使えない金権を与えられた。所内では鶏、牛、果実園など、生活に必要な食べ物全て自足するという自給自足の生活を強いられ、一日に与えられた賃金はわずか数十銭であった。所内で結婚することは許されたが、その条件として優性手術(避妊手術)を受けなければならなかった。このように、療養所の中では、病人としてではなく、まるで「犯罪者」としての扱いを受けていた。

 

【プロミンの発見と「らい予防法」の廃止】

 1043年、アメリカでファジニーがプロミンの治らい効果を発表し、それ以来プロミンに始まる化学療法によって、ハンセン病が治るようになった。しかし、隔離政策によりハンセン病は人々の間に「怖い病気」として定着していたため、ハンセン病患者に対する差別と偏見は一向になくならなかった。
 1996年、ようやく「らい予防法の廃止に関する法律」が制定されたが、入所者はすでに高齢となっており、後遺症による重い身体障害を持っている人もいる。元ハンセン患者ということやその家族ということだけで、就職、結婚を拒まれたりするなど、まだ未だに社会における偏見・差別が残っていることなどもあって、療養所の外で暮らすことに不安があり、安心して退所する事ができないという人もいる。

 

*感想

 9月18日(土)、東村山市のハンセン病資料館、ハンセン病療養所「多磨全生園」を訪れた。全生園の中には、50〜60の同じような造りの寮(居住地区)が並び、公共施設にはレストラン、浴場、集会所、囲碁将棋会館、面会宿泊所などがあり、宗教地区にはカトリック教会、日蓮宗会堂、大師堂、真宗会館など様々な宗教の教会が並び、病院、給食棟、図書館、野球場、テニスコートなどの施設も隣接されていた。今では道も舗装され、各施設もきれいに整えられいる。この広大な敷地は、一見地元の人々に親しまれるような公園、広場とも思われるが、門から一歩入ると、異様なまでも全てが整えられ、揃えられたこの空間が、門外の社会との壁を一層高くさせているように感じられた。全生園内で暮らしている市民は今ではもう社会に出て働いている人もいるというが、一方で今までに数回しかこの門を出たことのない人もいるという。ハンセン病はただの治る感染病だという正しい理解がされなかったために、世間から隔離され、差別を受け、苦しんだ人々は、何千万人といるのだろうか。もしも私たちがもっと早くにハンセン病に対する理解を深めていれば、こんなにも多くの人々が犠牲を払うことはなかったと思う。「本当に怖いのは、らい菌ではない。壮健(健常者)たちの目ではないか。」という多磨全生園入所者の方の言葉が胸に響いた。自分がもしも差別される側であったら、自分の家族がもしも社会から隔離されることになったら、自分といつも過ごしている子供たちがそのような目に遭ったら・・・、そんなことを考えれば、誰も平静にしていられるはずがない。私たちには全て人権尊重の精神を持つことが必要なのであると感じた。

研修参加者:菅井 昭宏森 千尋千釜 理佳子坂上 陽

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2015/11/11.