主催:神奈川県人権・同和教育推進協議会

研修報告U  map

  県研修T  県研修U  県研修V  県研修W

期間:2004年9月18日(土) 13時30分〜16時00分

場所:多磨全生園

報告者:森 千尋

人推協県内研修会〜「多磨全生園〜ハンセン病資料館を訪ねて」

 

 去る9月18日、神奈川県人権・同和教育推進協議会主催の研修会に参加してきた。開催趣旨として、今なお続いているハンセン病患者・元患者の方への差別、そしてハンセン病の現状とその理解をとおして、「人権」について考え、差別の解決を考えるというものだった。今回の研修を通し、人権について考えさせられることは多くあった。私自身、恥ずかしながら、ハンセン病自体をよく理解していなかった。今回、研修で学んだこと、ハンセン病についてや、その歴史をまとめながら、感じたこと、そしてこれからに繋がることを考えていきたい。

 

1.ハンセン病とは

 「らい菌」という細菌による感染症で、かつては「らい病」と呼ばれていた。身体の末梢神経が麻痺したり、皮膚が爛(ただ)れたりするのが特徴で、進行すると手足が変形することから、患者は差別の対象となりやすかった。ハンセン病の感染力・発病力は弱く、日常生活で感染する可能性はほとんどなかった。現在では、「プロミン」という薬が開発され、確実になおる病気とされている。

 

2.ハンセン病の歴史

 日本では古くは「日本書紀」「今昔物語」にもその記述があるとされている。ハンセン病になると仕事ができなくなり、人の目を隠れて生活をし、家族にも迷惑を掛けると放浪の旅にでる、いわゆる「放浪らい」と呼ばれる人が多くいた。明治になると、他国から患者を放置してると避難を浴び、政府は「らい予防に関する件」という法律を制定し、「放浪らい」を療養所に入所させ、社会から隔離する政策をとった。これが偏見を大きくしたとされている。そして、1929年には各県が競って、ハンセン病患者を見つけだし、強制的に入所させる、「無らい県運動」がすすめられた。そして、1931年「らい予防法」を成立させ、強制隔離によるハンセン病絶滅政策を打ち出した。
 それ以降、特効薬が1943年にできたにもかかわらず、患者たちは療養所で過ごし、1996年になって、ようやく「らい予防法」は廃止された。

 

3.元ハンセン病患者の佐川さんのお話から

 療養所では昔、患者の数に対して、看護婦や療養所の職員の数がすくなかったため、そこで生活をしている患者が食事当番を行ったり、庭の手入れをしたり、重い症状の人の介護を行った。療養所の周りには塀があり、そこからでられないように、見張りまでがいた。さながら収容所のようだった。また、強制隔離の時代には、道ばたにいる人を捕まえて「らいじゃないか?」と疑い、少しでもその兆候が見られると、家族にも何も告げられぬまま療養所に連れていかれた。また、患者がでた家族は村八分にされたり、よその土地に移らざるを得なかった。苦しかったのは患者だけでなく、その家族も同様だった。そんななか、特効薬「プロミン」が開発されると患者たちはこぞって、薬を欲しがった。しかし、高価であるため、受けられる人は少なかった。
 ハンセン病は治る病気とわかりながら、政府はその対策をとらなかった。患者たちは自分たちは犯罪者ではなく、病人であり、もうすぐ治るはずだと訴え、全国国立らい療養所患者協議会を作り、法の改正を政府に要求した。しかし、この要求を押し切って、「らい予防法」が成立。偏見や差別をいっそう強くした。
 現在、療養所の塀はなくなり、地域に根付いたものになっている。療養所に生活している人と、地域の人と一緒にゲートボールを楽しんだり、お祭りを行ったり。しかし、今なお、そこで生活している人の多くは、長い間社会から隔離されて生活していたため、療養所をでるのが怖いと言う。本当に怖いのは病気なんかじゃなく、人の心なのだ。

 

4.感想

 病気を治すために入った療養所。しかし、そこはまるで犯罪を犯して入る収容所のようなところ。そんなことがあっていいのだろうか?昔の日本は戦争を含めて、同じ、人に対する接し方を誤ってきたように感じる。ハンセン病の容姿は人を驚かすものであったかもしれない。しかし、見かけだけで、病気の詳しいこともよく解らずに隔離し、差別することはおかしいことではないだろうか。一方で、療養所の中で逞しく生きた患者さんのことを思う。自分たちの生活を自分たちで守るために、立ち上がり、患者同士のコミュニティーを作っていた。塀に閉ざされていても、学校、寺、教会があり、信仰は自由であった。そして、患者さんたちは自分たちが療養所をでた後も、その地域の人が気持ちよく生活できるようにと、緑を守ってくれていた。差別や偏見で患者さんたちを苦しめたいわゆる外の人のために患者さんたちは一生懸命だった。これが人間の心ではないだろうか。私たちは長い間、病気で苦しんできた人々に対して、病気以上の苦しみ与えてきたに違いない。その苦しみを外の人にぶつけるような貧しいことは決してしない。自分たちのような苦しい思いをもう2度と繰り返してはいけないと、むしろ私たちに力を与えてくれている。
 世の中には、色々な人がいる。色々な人がいて当然である。その人たちが、人間として人間らしく生きる権利を持っているのである。それを奪う資格は誰にもない。人間らしく命を輝かせるために、過去の事実を真正面に受け取り、二度と過ちを繰り返さないよう、努めなければと今回の研修で強く思った。

研修参加者:菅井 昭宏森 千尋千釜 理佳子坂上 陽

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2015/11/11.