主催:神奈川県人権・同和教育推進協議会

研修報告W  map

  県研修T  県研修U  県研修V  県研修W

期間:2004年9月18日(土) 13時30分〜16時00分

場所:高松宮記念ハンセン病資料館及び多磨全生園

報告者:坂上 陽

人推協県内研修会〜「ハンセン病資料館を訪ねて」

 

T.ハンセン病とは何か

 ハンセン病は、ノルウェーの医師ハンセン氏により発見された「らい菌」という細菌による感染病で、かつては「らい病」と呼ばれた。感染すると、末梢神経が麻痺したり、皮膚がただれるような症状がでるのが特徴で、その結果、病状が進行すると、容姿や手足が変形することから、患者は差別の対象になりやすかった。
 しかし、その症状とは裏腹に、ハンセン病の感染力、発病力は非常に弱く、日常生活で感染することはほとんどない。また、例え感染したとしても、現代においては、「プロミン」という1943年に生まれた特効薬で確実に完治に至ることができる。
 「ハンセン病」は以前の日本では、「不治の病」として語られていたが、その実は誤りで、現在はむしろ完治することのできる、比較的軽い病気であるといえる。

 

U.ハンセン病差別の歴史
法律・運動 社会への影響と動き
1907
M40
「らい予防に関する件」制定 「放浪らい」を療養所に入所させ隔離。この結果、「ハンセン病は感染力が強い」というご認識を生み出す。
1929
S 4
「無らい県運動」 ハンセン病患者を見つけだし、強制的に入所させる。
1931
S 6
「らい予防法」成立 強制隔離によるハンセン病絶滅政策。在宅の患者も強制的に入所させられた。
  この間、ハンセン病研究者・小笠原氏は、ハンセン病が決して不治の病ではないと主張し続け、優性手術(避妊手術)などに反対するも、いっこうに状況は変化しなかった。逆に…
1948
S23
「優生保護法」成立 ハンセン病患者本人の同意を得ての人工避妊、中絶を認める法律が制定されてしまう。
1951
S26
「全国国立らい療養所患者協議会」設立 法改正を求め活動。
1953
S28
「らい予防法」成立 この法律の存在が、偏見や差別をより一層助長したといわれる。
  40年以上もこの差別法は改正されない。
1996
H 8
らい予防法」廃止 入所者の平均年齢は76.0歳(平成5年5月)と高齢であり、また未だに社会での偏見は残存しており、安心できない人が多い。

2001
H13

らい予防法」違憲国家賠償請求問題

原告側(患者側)の勝訴。これをきっかけに患者の名誉回復のために政策推進。

 

V.まとめ

 フィールドワークをした多磨全生園は、現在でも過去の悲劇をにじますかのように、もの寂しい雰囲気に包まれた場所であった。少なくとも私にはそう感じさせた。今でこそ、園の内外の人全てに開かれている所であるとはいえ、至る所に垣間見える、その当時の傷跡は、はっきりとその場所の空気を変えていた。
 少しの誤解をきっかけに大きな負を被ることとなった、ハンセン病の歴史は、国家政策の重大さと、人間の尊厳というものを考えさせるものだ。例え、ハンセン病が、強力な感染力を持つ恐ろしい病気だったとしても、療養所で行われていた暴力や差別は、決してあってはならない。
 「収容」という言葉が使われる時、そこに差別や虐待という事実が認められなかったことはない。ハンセン病は私たちが忘れてはいけない歴史のひとつである。

研修参加者:菅井 昭宏森 千尋千釜 理佳子坂上 陽

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2015/11/11.