聖坂人権教育(事業計画)  map

  聖坂人権教育  人権教育セミナー  人推協県内研修   全国人権・同和教育研究大会

  聖坂人権教育  聖坂の人権  聖坂の考え  総合推進地域  研究指定校  

2004年度 文部科学省 人権教育研究指定

研究目的

本校は、キリスト教の教えに基づき知的障碍教育を行ってきた。重度の障碍児の「発達段階に応じた教育」、「生活年齢に応じた教育」、「障碍を配慮した教育」をテーマに研究を重ねてきた。社会的に弱者とみなされる知的障碍児に教育を与え、一人前の社会人として社会に適応させる事は、人権尊重の精神の実質化と自負している。
 今回、「人権教育研究指定校推薦」の文中に、私立学校の推薦少ない旨あり自己推薦を決意した。これまでの教育実践を総括し、専門家の目で評価してもらいたいとの願いからである。

 

研究主題

 知的障碍児教育を通して実現される人権尊重の精神

 

研究実績

 これまでも、研究テーマを設定し実践を「ひじりざかの教育実践(実践報告集)」にまとめてきた。2003年度には「ひじりざかの教育実践15号」を発刊した。また、30周年記念事業としてそれまでの研究成果を「聖坂教育計画」としてまとめた。
 その後、教育体制を「個別教育計画による教育」に切り替えた。現在、記念誌は、新任研修の資料や障碍児教育研修者の資料として活用されている。

 

設定理由

 知的障碍者の理解は、障碍者差別解消の中でも遅れている。障碍理解が困難な事も一因である。キリスト教の立場から、知的障碍児教育を充実させライフサイクルを描けるような教育と教育を越えた運動は、生涯教育・生涯福祉の理念を生んだ。
 これは、知的障碍者の人権回復の取り組みでもあった。これらの経過と成果を明らかにし、全ての命は、平等であるという人権尊重の基本精神実現の運動に貢献したい。

 

研究経過・計画

時   期

項          目 概        要
2003/ 3/ 1 研究指定申請  
2004/ 5/15 キリスト教人権教育セミナー 関東集会・横浜YMCA
2004/ 6/ 7 人権教育研究指定  
2004/ 8/ 2
     〜/ 8/ 4
全国キリスト教学校人権教育セミナー 西南学院中・高等学校(福岡市)、松井校長
2004/ 9/18 神奈川県人権・同和教育推進協議会・研修 ハンセン病資料館〜多磨全生園
菅井 昭宏森 千尋千釜 理佳子坂上 陽
2004/10/22 神奈川県の理解協力を要請 人権・同和教育担当、学事振興課、障害児教育課
2004/10/29 神奈川県より視察 各担当3氏
2004/11/ 4 「全国人権・同和教育研究大会」
事前学習会及び説明会
神奈川県立総合教育センター善行庁舎
飯田教諭
2004/11/26
    〜/11/28
第56回全国人権・同和教育研究大会
   及び現地学習会及び公開授業
大阪市中央体育館(大阪市港区)
飯田教諭
2004/12/22 (午前)校内研修 ERIC講師による
2004/12/22 (午後)研修報告会 松井校長、菅井教諭、飯田教諭
2005/ 1/ 6 第3回神奈川県人権・同和教育研究大会 松井校長、藤森主任、結城教諭
県立神奈川女性センター(江ノ島)
2005/10/ 人権研修 保護者・地域向け
2005/10/ 聖坂の人権教育報告会 専門家向け
2005/12/ 報告集の作成  
     
     

文責:松井 務  

map

  聖坂人権教育   人権教育セミナー   人推協県内研修 ┗  全国人権・同和教育研究大会
聖坂の人権 報告(フィールドワーク) 県研修T 事前学習T
聖坂の考え セミナー報告T 県研修U 現地学習U
総合推進地域 セミナー報告U 県研修V 全国研修V
研究指定校 セミナー報告V 県研修W
分科会報告
感想

ホームページへ

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2016/02/11.