研究計画

メインテーマ
 心を育み、生きる力が豊かになる教育をめざして
サブテーマ
 児童・生徒の個々人の発達・障がい特性及び生活年齢を十分に配慮した取り組みはどうあるべきか
1.

心を育む取り組みの事例研究   (個に応じた総合的な取り組みの在り方を探る)

 日常的な実践・取り組みを学部会等で積み上げ、シオン寮の利用・ケースカンファレンス・教育相談・地域との連携等を含めた総合的な支援

(1) 各学部で個に焦点を当て、年間を通して取り組む
(2) 学部で協議し、まとめたものを全体で報告する
2.

授業研究・教材研究

トータルコミュニケーションの視点で研究を進める
個別配慮を適切に行うための効率的な活動形態を研究する

(1) 学部テーマ研究 (夏期・冬期研究会)
(2) その他の教科・領域の研究
(3) 教材・活動事例集作り(データバンク) 
(4) 教材の研究開発(専科教諭、教科担当)
@ マカトン教材の研究
A 言語・数量・手指活動の教材研究  『言語の指導ステップ表』『数量の指導ステップ表』を活用
B 音楽、体育、美術の教材研究
3. 実態把握について
(1) 『実践と発達の診断』の利用と学習会
発達研究:新入生の発達診断及び在校生の見直し
4.

ケース研究(ケース会議及び臨時ケース研究)

(1) 児童・生徒の顕著な問題について検討
(2) 安全 (安全管理マニュアル)
(3) 児童生徒の一覧疾病についてはケース会議で確認
(4) 臨時ケース研究を全校で行う。(ケーススタディ)
(5) 必要に応じてプロジェクトチームを組んで対応する
5.

研究授業を行う (担任1年目/3名)

6.

報告・発表

  (1) 公開授業
  (2) 研究紀要22号の発行準備(研究と実践)
7. 主任研究会
(1) シオン寮について
(2) 「支援の指針」について
(3) 就学前の支援について

 

 

 

聖坂養護学校の教育は「聖坂教育計画」を使用し、個別教育の視点で行われています。

前ページ ホームページへ 次ページ

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2016/05/25 .