T ひじりざかの教育実践 第1号 1979年

  発刊にあたり   柴田 昌一 1
  本校のプロフィール        
  児童の重度重複化にともなっての教育システム   田村 一男 13
  年間テーマ研究のまとめ   菅原 新也 23
  教育内容の変遷と系列    松井  務 31
  昭和53年度グループ別実践報告        
    1. 実践報告 遊び学習Aグループ   斉藤 真理子 39
    2. 実践報告 遊び学習Aグループ   菅原 新也 49
    3. 実践報告 遊び学習B・Bグループ   平井  清 57
    4. 実践報告 生活グループ   玉井 久美子 61
    5. 実践報告 言語・数量Tグループ   松井  務 73
    6. 実践報告 言語Uグループ   平井  清 81
    7. 実践報告 数量Uグループ   平井  清 85
  昭和53年度教科担任テーマ研究        
    1. 描画以前,なぐり描き期における絵画指導   斉藤 真理子 89
    2. 重度児に対するリズムメロディーを皮膚感覚に翻訳しての指導   赤城 良子 99
    3. 精薄児における扁平足とその指導について   矢部  正 107
    4. リズム運動を通して得られた運動機能の向上について   松井  務 111
  事例研究        
    1. M子の食事指導   玉井 久美子 117
    2. 自閉的傾向児(T.S君)の指導   松井  務 121
  発作を持つ児童の療育について   菅原 新也 131
  児童の実態把握について   田村 一男 137

前ページ 次ページ