U ひじりざかの教育実践 第2号 1980年

  はじめに        
  高等部の設置を前に   柴田 昌一 1
  開かれた学校を目指して        
    本校におけるボランティア活動について   玉井 久美子 5
    校外学習について   田村 一男 9
    聖母愛児園との合同授業の実践を通して   松井  務 15
  昭和54年度グループ別実践報告        
    1. 実践報告 遊び学習Tグループ   矢部  正 21
    2. 実践報告 遊び学習Uグループ   玉井 久美子 31
    3. 実践報告 遊び学習Vグループ   松井  務 41
    4. 実践報告 遊び学習Wグループ   赤城 良子 53
    5. 実践報告 生活Yグループ   菅原 新也 64
    6. 実践報告 言語Tグループ   矢部  正 74
    7. 実践報告 言語Vグループ   松井  務 84
    8. 実践報告 言語Wグループ   赤城 良子 101
    9. 実践報告 言語Xグループ   平井  清 109
    10. 実践報告 言語Yグループ   菅原 新也 116
    11. 実践報告 数量Vグループ   松井  務 124
    12. 実践報告 数量Wグループ   赤城 良子 135
    13. 実践報告 数量Xグループ   安海 のぞみ 143
    14. 実践報告 数量Yグループ   菅原 新也 153
    15. 実践報告 養護・訓練Xグループ   平井  清 160
    16. 実践報告 音楽Uグループ   赤城 良子 167
    17. 実践報告 図工(矢部学級)   石川 美代子 177
  昭和54年度教科担任テーマ研究        
    1. 精薄児における扁平足とその指導について(U)   矢部  正 185
    2. 感覚遊びから模倣遊びへのアプローチ   松井  務 189
    3. 児童の発達レベルと生活単元学習   菅原 新也 197
  昭和54年度ケース会議記録のまとめ     安海 のぞみ 206

前ページ 次ページ