]Z ひじりざかの教育実践 第17号 2007年

  はじめに 松井 務  
  1.小学部 年間テーマ研究        
    認知力(環境を把握する力)を高める指導   藤森  茂
馬場 朋子
  1
  実践報告        
      小学部        
      (1) 手先の巧緻性を高めるための課題と教材   加藤 道子  6
      (2) 「見分ける力(視覚認知)」に応じた課題・教材の工夫   浅見 亜希子  11
  2.中学部 年間テーマ研究        
    個別配慮、教材提示のあり方を探る   佐野 明紀  17
  実践報告        
      中学部        
      (1) 「数と量」の段階に導くための「手指訓練」   天羽 佳代 25
      (2) より個を配慮した指導のあり方を探る   中込 友美  29
      (3) 「数の合成分解」の教材研究   菊地 恭子 33
  3.高等部 年間テーマ研究        
    自己表現(選択・決定)を大切にした取り組みはどうあるべきか   春日 孝行 37
  実践報告        
      高等部        
      (1) 紅白リレーアンカーの選出   坂上  陽  44
      (2) 宿泊訓練の事前学習を通して   飯田 優一 48
      (3) 現場実習の事前・事後学習   篠宮 千尋  60
  特集        
    T生活する力を育むために −宿泊訓練のまとめ−   菅原 新也 69
        小学部宿泊訓練   千釜 理佳子  
        中学部宿泊訓練   阿部 幸高  
        高等部本科宿泊訓練   畔上 慶子  
        高等部専攻科宿泊訓練   結城 智徳  
        クラスだよりに見る宿泊訓練〔生活指導寮〕
坂上クラス(中1)、畔上クラス(中2)、
馬場クラス(高本1)、菊地クラス(高本2)
  坂上  陽
畔上 慶子
馬場 朋子
菊地 恭子
95
    U聖坂教育と地域支援   松井  務
菅原 新也
菅井 昭宏
109

前ページ 次ページ