聖坂養護学校 学則

第1章 総  則

〔目 的〕

第 1 条 本校は、教育基本法および学校教育法に基づき、キリスト教主義により、精神発達の遅滞している児童に対して小学校、中学校、高等部本科および高等部専攻科に準ずる教育を施し、あわせてその欠陥を補うために必要な知識技能を授けることを目的とする。

〔名 称〕

第 2 条 本校は、聖坂養護学校という。

〔位 置〕

第 3 条 本校の位置を横浜市中区山手町140番地におく。

〔部の設置〕

第 4 条 本校に小学部・中学部・高等部本科及び高等部専攻科をおく。

 

第2章 修業年限・学級編成および収容定員

〔修業年限〕

第 5 条 各学部の修業年限を次のとおりとする。

(1) 小学部の修業年限は6年とする。

(2) 中学部の修業年限は3年とする。

(3) 高等部本科の修業年限は3年とする。

(4) 高等部専攻科の修業年限は2年とする。

〔学級編成および収容定員〕  

第 6 条 各学部の学級編制および収容定員を次のとおりとする。

(1) 小学部

学 級 数

収容定員

修業年限

24名

6年

(2) 中学部

学 級 数

収容定員

修業年限

24名

3年

(3) 高等部本科

学 級 数

収容定員

修業年限

30名

3年

(4) 高等部専攻科

学 級 数

収容定員

修業年限

20名

2年

 

第3章 学年・学期及び休業日

〔学 年〕

第 7 条 学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

〔学 期〕

第 8 条 学年を分けて次の2学期とする。

前 期  4月1日から 9月30日まで

後 期  10月1日から 3月31日まで

〔休業日〕

第 9 条 本校の休業日は、次のとおりとする。

(1) 土・日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する日

(3) 開校記念日  2月4日

(4) 夏期休業  7月20日から8月19日まで

(5) 期末休業  9月25日から9月30日まで

(6) 冬期休業 12月21日から翌年1月7日まで

(7) 学年末休業 3月21日から3月31日まで

(8) 学年始休業 4月1日から4月7日まで

(9) その他校長が必要と認めた日

 

第4章 教育課程・授業時数および教職員

〔教育課程および授業時数〕

第10条 各学部の教育課程及び授業時数は、次のとおりとする。

(1) 小学部

     学年および
             週時数
教  科

1年

2年

3年

4年

5年

6年

生活単元学習

数    量

言    語

音    楽

図    工

体    育

作業学習

手指訓練

日常生活学習

10

10

10

10

10

10

自立活動

25

25

25

25

25

25

(2) 中学部

    学年および
             週時数
教  科

1年

2年

3年

生活単元学習

数    量

言    語

音    楽

美    術

体    育

作業学習

日常生活学習

10

10

10

自立活動

25

25

25

(3) 高等部本科

      学年および
              週時数
教  科

1年

2年

3年

生活単元学習

音    楽

美    術

体    育

作業学習

日常生活学習

10

10

10

自立活動

選択自立活動

27

27

27

(4) 高等部専攻科

    学年および
             週時数
教  科

1年

2年

生活単元学習

専攻科目

〔陶芸、木工、機織り、紙漉、研磨、その他軽作業〕

音    楽

美    術

体    育

日常生活学習

10

10

自立活動

選択自立活動

27

27

〔教職員〕

第11条 本校に次の職員をおく。

校長

副校長

教諭  18名

教諭助手   20名

養護教諭   1名

講師  3名

事務職員  3名

運転手  2名

添乗員  4名

学校医  1名

学校歯科医  1名

薬剤師   1名

 

 

第5章 入学・休学・退学・卒業およびほう賞

〔入学資格〕

第12条 本校に入学する資格を有する者は、学齢児童・生徒のうち、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 精神発達の遅滞の程度が中度以上の者。

(2) 精神発達の遅滞の程度が軽度の者の内、社会的適応性が特に乏しい者。

(3) その他校長が適当と認めた者。

〔入学許可〕

第13条 入学は、校長がこれを許可する。

〔入学申込〕

第14条 入学を希望する児童・生徒の保護者は、所定の入学申込書に入学検定料を添えて校長に提出しなければならない。

〔退学および休学〕

第15条 退学又は休学しようとする児童・生徒の保護者は、その理由を記入して校長に願い出て、その許可を得なければならない。

2 病気その他の理由により、他の児童・生徒に悪影響を及ぼすおそれのある者は、退学又は休学させることがある。

〔成績の評価〕

第16条 各学年の課程の修了は、児童・生徒の平素の成績を評価し、学年末において認定する。

〔卒 業〕

第17条 校長は、児童・生徒が本校所定の全課程を修了したと認めたときは卒業証書を授与する。

〔ほう賞〕

第18条 成績、性向ともにすぐれ、他の模範となる者は、これをほう賞することがある。

 

第6章 授業料・入学金・施設設備費

その他諸費および入学検定料

 

〔授業料・入学金・施設設備費その他諸費および入学検定料〕

第19条 本校の授業料・入学金・施設設備費その他諸費および入学検定料は次のとおりとする。

授業料〔月額〕  10,000円

教材費〔月額〕      2,000円

教材費〔月額〕      3,000円 〔高等部〕

冷暖房費〔月額〕   1,000円 〔6.7.9.12.1.2.3月〕

入学検定料          3,000円

入学金             50,000円〔入学時〕

2 授業料は出席の有無にかかわらず所定の期日までに納入しなければならない。

3 納入した授業料・入学金・施設設備費その他諸費および入学検定料は、理由のいかんにかかわらず還付しない。

4 生活保護家庭又は母子家庭など家庭の事情により、授業料を免除あるいは減額することができる。

 

附 則

1.この学則は平成  3年4月1日から施行する。

2.この学則は平成13年4月1日から施行する。

3.この学則は平成15年4月1日から施行する。

4.この学則は平成21年4月1日から施行する。

5.この学則は平成24年4月1日から施行する。

6.この学則の実施に必要な細則は、校長が定める。

 

作成者情報
Copyright © 2000.1 [聖坂養護学校]. All rights reserved.
Revised: 2011/07/22 .