言語の指導ステップ表(]T)

年齢 2歳半頃 (])      3歳〜4歳頃 (]T)      4歳半頃(]U)  数量]T
順序 象 徴 化 水 準

象徴的自我 聴覚・視覚による象徴化・記号化の段階

〈視覚・聴覚が象徴機能を駆使しながら間接的に運動表現を支配する(感覚間の統合(38))〉

【記憶】象徴的記憶水準 (39,40L,39,40R) 視覚(21→39,40・21→38) 聴覚(22→39,40・22→38)

【模倣】象徴的模倣

n模倣機能の高次化

n目的語のついた三語文・四語文などの多語文・従属文が使えるようになる

n一文に理由・原因・仮定・時間的なものがでてくる

n接続詞がでてくる(ことばの基本構造を獲得する)

n絵本など文字に関心をもち、読もうとする

n5までの数が量と結びついてわかる

n「順番」の理解

〔二次元可逆操作〕175)

「〜シナガラ〜スル」〔形容詞・動詞で表現〕

視覚弁別

n上位属性分類 176) チャンキング仲間集め(47→39,40L=39,40R)果物、乗物、動物

n機能同類の仲間集め 177){はし:スプーン、くつ:靴下、コップ:牛乳}

n表情理解 178){「笑っている」→絵カード選択}

n実物や絵と文字の対応(文字はマークとして)

n仲間はずれ 179)

仲間集め 表情絵
机上分類 違うの?
視覚産生 n平仮名文字の書き練習 180)

n自分の名前を書く、文字を書き写す

nごっこ遊び 181)(絵カード)

n身振り表現の言語産生(命名) 182)(39,40R=39,40L=45)

n動詞表現活動 183)動詞カード(歩く、食べる、寝る、走る、履く、書く、洗う、掃く、投げる)}

n事物・絵カードをみて象徴的身振り産生 184)(サインでの命名)

聴覚弁別 n用途指示による絵カードの弁別 185)(47→39,40L→39,40R→46)(聴覚受容−視覚弁別)

n2種の楽器音の弁別−絵カードマッチング 186)(39,40R=39,40R→46)

n動作指示に応じて身振り表現をする 187)(39,40L→46)(聴覚受容−視覚産生)

n歌・音楽による身振り表現 188)(38=39,40R=46)(聴覚受容−視覚産生)

【絵本】n絵本の読み聞かせ{もりのなか、ぐりとぐら、さるかに}

〜する物
聴覚産生 n二語文で話す 189){「〜が〜している」} 自分の意志{「〜していいですか?」}

n多側面からの質問への応答 190)切り替え質問いろいろの質問

n事物・絵カードによる命名 191)(言語化)(39,40R→39,40L→45) (視覚受容−聴覚産生)

n聴覚による運動コントロール (22→46)

nテンポを合わせる (22=46)(39,40R=46)

n一人称、二人称、所有がわかる

n対人関係に有用な言葉の学習 192){「はい」「いいえ」「そうです」「違います」「わかりません」}

n役割による言葉の違いの学習 193)質問する役、答える役

【絵本】絵本などを使ってお話をする{絵カード・本などを使って話をする、劇遊び}

n再生話

動作表現  

マカトン

n形容詞の指導 194)(ステージ2.3){おいしい、きれい、きたない、熱い・冷たい、暑い・寒い}

n量の概念 195)(ステージ3.4){大きい・小さい、もっと、多い・少ない}

n空間の概念 196)(ステージ3.4) {上の方、下の方}

n動詞 197)(ステージ3.4){待つ、蹴る、落ちる、歩く、乗る、走る、跳ぶ、掘る}

n左右形が違う身体模倣(→連続した動作模倣 ]U)198)(47→39,40L=38=46)

{グー・パー、片手上・片手横、片手前・片手横}

n両手の協応 199){風呂敷で包む、結ぶ、紐結び}

n遅延模倣(少し間をあけ模倣) 200)

【書く】

文字を書く(導入)

数量 【量】〈量を相対化させる学習〉

n二つの物の重さを比較し、表現させる 201)

n同形、同種で明らかに異なる2つの物の比較{長・短、重・軽}

n大きさ、長さ、高さについて同形、同種で三つを比較し、中くらいに気付く202)

n頭の中で大小比較 203)

【時間】

n今日、明日、昨日を使う

n生活の中で曜日を使う(日曜〜土曜)

n朝、昼、夜の理解

n速い、遅いの理解 204)

【分析・総合】

n色と形(具体物の形を含む)の分析、総合 205)

n色と形(丸、三角、四角、具体物の形)の分析、総合 206)分析総合枠、塗り絵等}

n表札を見て分類 207){1×2の方眼上で一重分類、2×2方眼上での二重分類}

【位置の表象】

n自分から見た空間の位置や方向を区別させる{位置関係を表す言葉 208):上・下、左・右、前・後、まん中、はし、すみ、ここ}

n位置の弁別・同定 209)

n規則性に気付く 210)カラー碁石、ミニチュア、ビーズ}