数 量 の 指 導 ス テ ッ プ 表 (]W)

年齢 5歳〜7歳頃(]V)      7・8歳頃(]W)      目次  言語]W
順序 概  念  化  水  準

概念的自我 聴覚・視覚による概念化の段階

* 大脳のネットワーク化

【記憶】概念記憶と記憶水準の高次化

* 書き言葉の世界の獲得(読み書き)

* 筆算による計算

* 5つの重さ比較がたしかになる−連続量の学習

* 大きさの比較などを通して長さ、広さ、高さ等の量の概念や測定について基礎的な事を理解する

〔三次元可逆操作〕152)「ダンダン〜ニナル」

計 算 * 位取りの記数法の指導157)

* 繰り上がり、繰り下がりの指導158)(筆算)

* お金の学習(合計金額、おつり、両替)

〈内包量(質)153)

* 量についての指導{外延量:重さ154)、時間155)、角度、面積、体積}

* 小数の指導156)(連続量を表すための手段)

* 単位の考え方の指導(直接比較・間接比較・個別単位・普遍単位)

* 測定用具を使う

(長さ(p、o、m、q)、重さ(g、s)、時間(時、分、秒)、

 体積(l;リットル、dl;デシリットル、cc;シーシー、ml;ミリリットル))

* 考え方の指導(内包量の視点から)

* かけ算の指導(整数の乗除){九九の指導}

時 間 * 60進法、12進法、24進法

* 時間の計算

* 暦(元号、西暦、干支)

* 時刻表を読む


* 方眼と直線159)

* 表とグラフ {棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ}


* 仮定的状況語に対する絵カードによる応答的ポインティング160)

* 物語に対応させた絵カードによる絵画配列161)

* 具体物・絵カードを用い、動作表象を伴った構文産生162)

* 仮定的状況語に対する言語的応答163)

* 物当てクイズ164)(物の属性、形態、材質等を言語で規定して当てさせる)

* しりとり165)

* 類似概念の説明166)(二つの物の共通性を説明 〔ライオン−犬〕)

* 速い、遅いの指導

ステップ表目次へ  参考文献